• スタッドレスタイヤスーパーセール
  • タイヤのスーパーセンター タイヤ・ホイールカンパニー

商品を探す

タイヤの保管って何が正解?

2017/12/02(土)

夏タイヤか冬タイヤのどちらかは保管されていますよね。

タイヤ・ホイールカンパニー西村です。
冬タイヤへの履き替えのシーズンが到来しましたが、履き替えた後の夏タイヤ、どうしていますか。まさか「野ざらし!」なんてことはないと思いますが、正しい保管をすることで、長く使用することができますので、今回はタイヤの保管のお話しをさせていただきます。

倉庫保管は良いが、元の状態は?

タイヤなんてビニール袋に入れて倉庫に置いておけばいい!!という方も多いかと思いますが、それだけでは、万全の状態とは言えません。
タイヤに元からついていた汚れなどによりゴムの変質などが起こり、寿命を縮める場合もあります。

タイヤに悪い保管方法とは

保管の際に以下のような保管をするとタイヤに悪影響を及ぼす場合があります。
・ホイールセットを縦積みすると接地面が変形することがあります。
・雨に濡れる場所でカバーをかけて置いておくと結露により野ざらしと同じ状態となります。
・自宅倉庫での保管の場合、夏は暑く湿気がこもり冬は寒くなって、寒暖差が激しいため、劣化が早まります。
・コンクリートの上に直置きすると、色移りしてしまう。
などなど、保管の仕方次第ではタイヤによくない影響がいっぱいなのです。

結局どう保管すればいいのか

最もよい保管方法は以下のような保管方法です。
タイヤの汚れをきれいにし、劣化しないワックスをかけ、乾燥した状態で雨や水のかからない風通しが良い日陰に一番下に段ボールなどを敷き、横積みで保管する。
(風通しがよく雨がかからなければ、シート等は必要ありません。)

ただ、「そんな環境用意できない!」という方が多いと思います・・・・・・。
万全とは言えませんが、倉庫に置かれる場合には清掃して遮熱シートなどをかぶせて置いておくだけでもかなり違ってきますので、お試しください。

「最適な環境に置きたい!」という方には、タイヤ・ホイールカンパニーのストレージサービスをご利用ください。
ご来店できる方のみとなりますが、最適な空間にてお客様のタイヤを保管させていただきます。

スタッフ一同心よりお待ちしております♪

スタッドレスタイヤを探されている方はこちら
スタッドレスタイヤ・セットを探されている方はこちら
お店に行ってタイヤを見てみたい方はこちらから!

お役立ち情報 お役立ち情報